子宮内膜症 妊娠

子宮内膜症で妊娠が不可能に?

子宮内膜症によって妊娠しにくくなるというのはよく耳にしますが、どうして子宮内膜症をわずらうと妊娠しにくくなってしまうのでしょうか?一般的な理由は子宮内膜症によって子宮が厚くなってしまったり荒れてしまったりするからだというのが一般的な理由です。

なぜ子宮内膜症で子宮の中が荒れてしまったり厚みが出てしまう事によって妊娠しにくくなるのかというと、受精卵が子宮の中に着床しようとしても、どこに着床してよいやらわからずに結果的に妊娠に結びつかなくなってしまうからなのだとか・・・。

子宮内膜症は子宮の筋肉の中に内膜が入り込んでしまう事で起こる病気ですが、原因はハッキリと分かっていない事が多く、予防をしようとしてもなかなか予防ができないのが現状で、不妊治療のために検査をして初めて子宮内膜症だとわかるケースもあるくらいです。

ただ、子宮内膜症は症状がわかりやすいはずなので、本来ならば早期発見ができる病気のはずなのですが、実際には未婚の女性が異常を感じて婦人科に行くという事がないため、結婚して妊娠を望んでもできない事で発覚する事が多い病気なのです。

もちろん不妊治療をする事によって妊娠をする事ができれば、子宮内膜症の症状も軽くなったり治ってしまったりする事もあります。なので子宮内膜症と妊娠はとても深い関わりがあると言えるのです。

また、子宮内膜症は進行すると悪化してしまうので、よけいに妊娠しにくくなってしまう病気でもあります。なのでまずは定期的に健診を受ける事で予防や早期発見につとめましょう。

子宮内膜症の手術費用

子宮内膜症の治療を受ける時に不安なのは、どれくらいの医療費がかかるのかという事ではないでしょうか?特に手術による治療が行われる事が決まると、不安なのは手術もですがいくら手術費用がかかるのかという事ではないでしょうか?

そこで、一般的な子宮内膜症の手術による治療を受けた場合の手術費用の相場についてを調べてみる事にしましょう。

まず子宮内膜症の手術の手術費用は手術の方法によっても違うもので、開腹手術を行なった場合と最近よく行われるようになった腹腔鏡手術とでは当然ですが、手術費用も入院する日数も違ってくると言えます。

ちなみに当然ではありますが、開腹手術を行なって子宮内膜症の手術をした時の方が、入院日数も2倍〜3倍は違ってきますし、それに伴って手術費用や入院費用の方も若干のひらきは出てくるのは仕方が無い事だと言えるのではないかなと思います。

開腹手術によって子宮内膜症の手術をした場合の入院日数の平均は10日〜17日程度であると言われており、当然入院費用の合計は3万円〜5万円程度高くなるとも言われていますが、実は手術費用の方はそれほど変わらなくなってきているのだそうです。

開腹手術による子宮内膜症の手術費用のみであれば、3割負担でおよそ10万円ちょっとくらいのようですね。一方開腹手術をせずに腹腔鏡手術によって子宮内膜症の手術をした時の手術費用の方は3割負担でおよそ9万円〜11万円くらいだと言われているようです。

なので、手術費用だけを考えるとどちらの手術の方法でもあまり変わらないという事になりそうですね。ただし腹腔鏡による手術を行なった場合は回復も早いので、日常生活に戻る日数も当然少なくて済むという事になるようなので、患者さんの身体の負担は少なくなりそうです。

いずれにしても子宮内膜症は早く発見して早く治療をする事が望まれる病気です。手術をするにしても手術費用にしても入院予定の病院などに相談すれば確実にわかると思います。

子宮内膜症の症状

子宮内膜症の症状について調べてみましょう。子宮内膜症は子宮の内膜以外の筋層などに内膜が入り込んでしまう事によって発症する婦人病で、月経のたびに内膜の部分が出血するために、激しい腹痛や腰痛など実にさまざまな症状が引き起こされる病気です。

子宮内膜症になると、内膜の入り込んでしまった部分全てから出血をするため、月経の時の経血の量が異常なほど出る事があります。もちろんその際に強烈な痛みを伴うので、中には月経痛によって吐き戻したり痛みに耐えられず七転八倒するような方もおられるのではないでしょうか。

こうした激しい痛みを軽減しようとして市販の鎮痛剤などを飲んだとしても、ほとんど効き目を感じられなくなっていくので、その頃になって初めて婦人科を訪れるケースも多くあります。子宮内膜症は進行してしまう病気なので、治療をしなければ症状はどんどん悪化していきます。

本来ならば早期発見する事で早目に治療ができれば良いのですが、子宮内膜症の場合は症状が「生理痛が酷い感じ」ととらえられがちなので、なかなか早期発見や早期治療ができない状態であると言えるのです。

問題は子宮内膜症を放置しておく事によって、子宮の中の環境が悪くなってしまうという事です。というのも子宮内膜症の症状の中でも「不妊」が最も重大な悩みとなる事があるからです。

日本では未婚の女性が婦人科の検査を受ける習慣がありませんが、実は子宮内膜症をはじめとした婦人科の病気は若い年齢層から発症しているケースが多いので、日本でも海外のように日常的に婦人科の検査を受ける習慣が身に付けば良いですね。

子宮内膜症の治療

子宮内膜症は婦人病の中でも比較的ポピュラーな病気で、若い年齢の女性から発症する可能性がある病気なので、早目に発見して早目に治療を始める事が求められる病気でもあります。

子宮内膜症の治療は病気の症状や状態にもよりますが、月経がある内は治る事が無いだけではなくて、放置しておくとどんどん進行してしまう病気なので、症状や進行状態によって治療を行う事が望ましいと言えます。

特に妊娠を望む場合には治療はできるだけ早く始めるに超した事はありません。では子宮内膜症の治療にはどんな方法があるのかを調べてみる事にしましょう。もちろんご自分が現在治療を受けている、もしくはこれから通う予定の病院の医師と相談しつつ治療を受ける事が望ましいです。

まず一般的な子宮内膜症の治療は大きく分けて3種類あります。まずは手術による治療が一つ目ですね。もちろん全ての子宮内膜症の治療に手術が適用されるという事ではありません。

手術による治療にも子宮を摘出せずに温存しておく方法と、全摘出してしまう手術と卵巣を残して他は摘出するという方法です。いずれにしても重度な子宮内膜症に適用される治療の方法であると言えます。

二つ目の治療は薬物療法というもので、主に女性ホルモンを抑制して「偽妊娠」や「偽更年期障害」を引き起こすという方法で、こうすると子宮内膜症の痛みなどの症状は軽減されて、なおかつ内膜が小さくなっていく治療効果を得られます。

後は漢方を使った治療を受ける事もあるようです。いずれにしても子宮内膜症は早期発見と早期治療が最も効果的な病気なので、月経が始まった頃から異常を感じたら定期的に検査を受けた方が良いかもしれません。

こんなに簡単に!
子宮内膜症を自宅で改善するために

メニュー

inserted by FC2 system